真実と虚像の硲2

真実と虚像の硲2

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    700 JPY

いけ好かない奴。 それが、最初に『工藤新一』を見た時の印象だった。 1、 「また、お前か――」  眉間にしわを寄せながら、些かげんなりした表情を浮かべて言った男は、海よりも深い溜息をついた。  それにつられるように小さく息をついたコナンは、ふいっと横を向くと「それは、こっちのセリフだよ」とぼそりっと呟いた。  大阪在住のはずの、西の高校生探偵こと服部平次と、この数か月の間に東京で鉢合わせたのは、これで三回目だった。  普通に街を歩いていたとしても、地元の知り合いに会う事すら稀だというのに、一体どういう確率で鉢合わせるというのか――。  くしゃりっと前髪をかき上げたコナンは、参ったというように天井を見上げた。  まあ、ここは事件現場なのだから、『服部平次』が探偵だというのなら、そんな話も通らなくはないとは思う。  最初に会ったのは、ちょうど工藤新一に戻っていた時で、その流れで『工藤新一=江戸川コナン』だという事はバレてしまっていて。そんな気安さから、二度目に会ったときは、軽い気持ちで声をかけた。  最初に会った時、自分と同じペースで推理できる人間に会ったのは初めてだと感じた。そんな印象は、次に会った時にも変わらなくて、コナンはこの『服部平次』という男に興味を持ったのだ。  だが、その時も平次の態度はこんな感じだった。  別に何か、平次にとって都合の悪いことをした覚えなどない。にもかかわらず、ここまであからさまに嫌な顔をされれば、こちらも態度が硬化するというものだ。  それに――。 「また、性懲りもなく事件に首を突っ込んどるんか? 工藤新一クン」  どこか小馬鹿にしたように言った平次に、コナンは眉間に深いしわを寄せながら口を開いた。 「その名前で呼ぶなよ」 「何であかんのや? 自分、工藤新一なんやろ? せやったら別にええやん」 ■ 真実と虚像の硲2 ■ A5オフ 36P 平新 イベント販売価格 ¥400 Novel 綾部 澪

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

いけ好かない奴。 それが、最初に『工藤新一』を見た時の印象だった。 1、 「また、お前か――」  眉間にしわを寄せながら、些かげんなりした表情を浮かべて言った男は、海よりも深い溜息をついた。  それにつられるように小さく息をついたコナンは、ふいっと横を向くと「それは、こっちのセリフだよ」とぼそりっと呟いた。  大阪在住のはずの、西の高校生探偵こと服部平次と、この数か月の間に東京で鉢合わせたのは、これで三回目だった。  普通に街を歩いていたとしても、地元の知り合いに会う事すら稀だというのに、一体どういう確率で鉢合わせるというのか――。  くしゃりっと前髪をかき上げたコナンは、参ったというように天井を見上げた。  まあ、ここは事件現場なのだから、『服部平次』が探偵だというのなら、そんな話も通らなくはないとは思う。  最初に会ったのは、ちょうど工藤新一に戻っていた時で、その流れで『工藤新一=江戸川コナン』だという事はバレてしまっていて。そんな気安さから、二度目に会ったときは、軽い気持ちで声をかけた。  最初に会った時、自分と同じペースで推理できる人間に会ったのは初めてだと感じた。そんな印象は、次に会った時にも変わらなくて、コナンはこの『服部平次』という男に興味を持ったのだ。  だが、その時も平次の態度はこんな感じだった。  別に何か、平次にとって都合の悪いことをした覚えなどない。にもかかわらず、ここまであからさまに嫌な顔をされれば、こちらも態度が硬化するというものだ。  それに――。 「また、性懲りもなく事件に首を突っ込んどるんか? 工藤新一クン」  どこか小馬鹿にしたように言った平次に、コナンは眉間に深いしわを寄せながら口を開いた。 「その名前で呼ぶなよ」 「何であかんのや? 自分、工藤新一なんやろ? せやったら別にええやん」 ■ 真実と虚像の硲2 ■ A5オフ 36P 平新 イベント販売価格 ¥400 Novel 綾部 澪