ワルキューレ

ワルキューレ

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,400 JPY

戦死者を選定する――。 それが、神話におけるワルキューレの役割。 0、  快斗から新しく手に入れたデータを眺めていた新一は、目頭を押さえた後、ううんっと大きく伸びをした。あたりはすっかり暗くなっていて、パソコンの光がぼんやりと室内を照らしていた。  快斗がデータを持ってきたのは、すでに昨日の事だった。このデータを手にしてからでも、それなりの時間がたったという事だ。  ちらりっと腕時計に視線を走らせると、もうそろそろ、七時になろうとしていた。  時計を確認し続けて、もう何時間になるだろうか。ぎゅっと唇を噛んだ新一に、平次は首を傾げながら「工藤?」と、その名を呼んだ。  緩慢な動きで振り返ると、平次の真っ直ぐな視線は新一に向いていた。 「どうかしたんか?」 「――いや」  短く返した新一は、何でもないというように腕時計を隠した。  薬の効力は、服用してから二四時間のはずだった。  正確な時間は見ていなかったから覚えがないけれど、平次の部屋に戻ってきた時間ですら、七時は過ぎていたのだから、服用してからとうに二四時間は過ぎているわけで。  もしかしたら、戻らないのではないか――。  脳裏をよぎったそんな思いに、新一は慌ててそれを否定するように首を振った。  効果が厳密に二十四時間だと、決まっているわけでは勿論ない。体調によって、多少の誤差が出ることぐらい、当たり前のはずだし、心配しすぎる事はないはずだ。そう自分に言い聞かせるのだが、一度湧き上がった不安を拭い去る事は出来なかった。  元の身体に戻る。  それは『江戸川コナン』になってしまってから、ずっと願ってきた事だった。戻れるものなら、今すぐにでも戻りたい。けれど、まだ何も片付いていない今の状況では、戻る事は時期尚早なのだ。  戻りたいのに、身体が戻らない事を心配しなければならないなど、何とも皮肉なものだと思う。  そういえば、いつかも、こんな思いをした。  しかもあの時は、自ら薬を飲んだわけでもなく、何の前触れもなく突然元に戻ってしまったから、今よりももっと不安で仕方なかったのだけれど。  小さく息をついた新一に、平次はポンッと頭に軽く手を乗せた。  心の中の不安を、平次に感じ取られたのかもしれない。  ふと、そんな事を思った。  危険は承知の上で、さっさと元の姿に戻りたいと言ったのは、つい昨日の事だというのに。そう思うと、何とも情けない気分になった。 「気にせんでもええで」  すべてを見透かしたような平次の言葉に、新一はまるで気にしていないという風を装って口を開いた。 「何がだよ」 「体が元に戻らへんコト、気にしとるんやろ?」 「……」  喉元まで出かかった弱音を、ぐっと飲み込む。  そんな新一に、平次は小さく肩をすくめると口を開いた。 ■ ワルキューレ ■ A5フルカラー  100P 200g 平新 イベント販売価格 ¥ 1,100 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

戦死者を選定する――。 それが、神話におけるワルキューレの役割。 0、  快斗から新しく手に入れたデータを眺めていた新一は、目頭を押さえた後、ううんっと大きく伸びをした。あたりはすっかり暗くなっていて、パソコンの光がぼんやりと室内を照らしていた。  快斗がデータを持ってきたのは、すでに昨日の事だった。このデータを手にしてからでも、それなりの時間がたったという事だ。  ちらりっと腕時計に視線を走らせると、もうそろそろ、七時になろうとしていた。  時計を確認し続けて、もう何時間になるだろうか。ぎゅっと唇を噛んだ新一に、平次は首を傾げながら「工藤?」と、その名を呼んだ。  緩慢な動きで振り返ると、平次の真っ直ぐな視線は新一に向いていた。 「どうかしたんか?」 「――いや」  短く返した新一は、何でもないというように腕時計を隠した。  薬の効力は、服用してから二四時間のはずだった。  正確な時間は見ていなかったから覚えがないけれど、平次の部屋に戻ってきた時間ですら、七時は過ぎていたのだから、服用してからとうに二四時間は過ぎているわけで。  もしかしたら、戻らないのではないか――。  脳裏をよぎったそんな思いに、新一は慌ててそれを否定するように首を振った。  効果が厳密に二十四時間だと、決まっているわけでは勿論ない。体調によって、多少の誤差が出ることぐらい、当たり前のはずだし、心配しすぎる事はないはずだ。そう自分に言い聞かせるのだが、一度湧き上がった不安を拭い去る事は出来なかった。  元の身体に戻る。  それは『江戸川コナン』になってしまってから、ずっと願ってきた事だった。戻れるものなら、今すぐにでも戻りたい。けれど、まだ何も片付いていない今の状況では、戻る事は時期尚早なのだ。  戻りたいのに、身体が戻らない事を心配しなければならないなど、何とも皮肉なものだと思う。  そういえば、いつかも、こんな思いをした。  しかもあの時は、自ら薬を飲んだわけでもなく、何の前触れもなく突然元に戻ってしまったから、今よりももっと不安で仕方なかったのだけれど。  小さく息をついた新一に、平次はポンッと頭に軽く手を乗せた。  心の中の不安を、平次に感じ取られたのかもしれない。  ふと、そんな事を思った。  危険は承知の上で、さっさと元の姿に戻りたいと言ったのは、つい昨日の事だというのに。そう思うと、何とも情けない気分になった。 「気にせんでもええで」  すべてを見透かしたような平次の言葉に、新一はまるで気にしていないという風を装って口を開いた。 「何がだよ」 「体が元に戻らへんコト、気にしとるんやろ?」 「……」  喉元まで出かかった弱音を、ぐっと飲み込む。  そんな新一に、平次は小さく肩をすくめると口を開いた。 ■ ワルキューレ ■ A5フルカラー  100P 200g 平新 イベント販売価格 ¥ 1,100 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま