落ちた白日

落ちた白日

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,900 JPY

音もなく積もる雪のように、 すべてが、白く塗りつぶされた――。 1、  年に一度降るか降らないかの雪が、つい二、三日前にちらちらと舞った。  うっすらと積もった雪が、例の如く交通機関等にある種の混乱を巻き起こした。その混乱も、雪とともに消え去り、すでに世間は何事もなかったかのように動き出していた。  そろそろ、三月の声を聞こうと言うこの時期。  ゆっくりと寒さが緩み、あたりが春色に塗り変えられつつあっただけに、この寒波は骨身にしみた。 「寒そうやな……」  がたがたと窓を揺らした強風に、平次はぽつりと言った。窓の外には、数日前までの春めいた青空を否定するような、灰色の空が広がっていた。  当然の事ながら、積もった雪は次の日には消えた。  だが、寒気はしつこく日本列島に停滞しているようで、まだしばらくこの寒さが続くと、ニュースでも言っていた。  風に煽られ揺れている木々が、余計に寒さを増殖させているようで、これから外出しなければならない平次はゲンナリした表情を浮かべた。 「あ~、行きたないな」  深い溜息とともに言った平次は、ソファーにごろんと寝転んで小説を読んでいる新一に視線を走らせた。 「なあ、工藤」 「ん~?」  新一は本から視線を外すことなく、実に気のない声を上げた。いつもどおりのその新一の反応に、平次は新一の視界に入る位置まで歩み寄って、口を開いた。 「今日、工藤も大学行くゆうとったやろ?」  平次のその言葉に、新一は本から視線を上げると、首を傾げた。 「んな事、俺は言ってないぜ?」  実に不思議そうに言った新一の言葉に、今度は平次が首を傾げる番だった。 「……せやったか?」  平次の記憶では、確か新一も今日、大学に行く用事があると言っていたような気がした。平次自身も大学に行かなければならないと思っていた日だったから、一緒に行けると思っていた。  記憶違いなどではないと思うのだが――。  納得いかない、というような表情を浮かべている平次などお構いなしに、新一は言った。 「おまえの方こそ、試験終わったって言うのに、何しに行くんだよ」  新一の言葉に、平次はうっと言葉を詰まらせた。  たしかに、とうの昔に大学は春休みに突入してる。ようするに本来なら、大学に行く必要のない時期である。  だが、ゼミのレポート提出期限が今日である以上、いや、まだレポートを提出していないという事実がある以上、どうしても行かなくてはいけない。 「レポートをな、出しに行かなあかんねん」  短く言った平次は「この寒いっちゅうに」とぼそりと呟いた。そんな平次に、新一は呆れたように肩をすくめた。 「それは、早めにやっておかなかった、お前が悪い」 「そんなコト言われんでも、わかっとる」  ぶちっと言った平次は、ちらりっと窓の外に視線を向けた。相変わらず強風が吹き荒れ、その風景はとても寒そうに見えた。その中に、一人で出て行くというのは何かとても侘しかった。  平次は、新一を覗き込むようにしながら口を開いた。 「なあ、工藤。お前もいかへん?」 「やだね」  考えるまでもなく、即座に切り替えした新一に、平次はがくりと肩を落としてソファーに座り込んだ。 「そんな即答せんでもええやん」 「この寒いのに、何で、用もない俺が行かなきゃいけないんだよ」 「う~」 「早く行ってこいよ。そんな事してると、行きそびれるぞ」  確かにその通りだった。行きたくない、行きたくないと言っていると、このまま行かずに終わりそうだ。  しばらく、身動きすらしなかった平次は、深い溜息をつくと、観念したようにすくりと立ち上がった。 ■ 落ちた白日 ■ A5オフ 156P  平新 イベント販売価格 ¥1,600 Novel 綾部 澪

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

音もなく積もる雪のように、 すべてが、白く塗りつぶされた――。 1、  年に一度降るか降らないかの雪が、つい二、三日前にちらちらと舞った。  うっすらと積もった雪が、例の如く交通機関等にある種の混乱を巻き起こした。その混乱も、雪とともに消え去り、すでに世間は何事もなかったかのように動き出していた。  そろそろ、三月の声を聞こうと言うこの時期。  ゆっくりと寒さが緩み、あたりが春色に塗り変えられつつあっただけに、この寒波は骨身にしみた。 「寒そうやな……」  がたがたと窓を揺らした強風に、平次はぽつりと言った。窓の外には、数日前までの春めいた青空を否定するような、灰色の空が広がっていた。  当然の事ながら、積もった雪は次の日には消えた。  だが、寒気はしつこく日本列島に停滞しているようで、まだしばらくこの寒さが続くと、ニュースでも言っていた。  風に煽られ揺れている木々が、余計に寒さを増殖させているようで、これから外出しなければならない平次はゲンナリした表情を浮かべた。 「あ~、行きたないな」  深い溜息とともに言った平次は、ソファーにごろんと寝転んで小説を読んでいる新一に視線を走らせた。 「なあ、工藤」 「ん~?」  新一は本から視線を外すことなく、実に気のない声を上げた。いつもどおりのその新一の反応に、平次は新一の視界に入る位置まで歩み寄って、口を開いた。 「今日、工藤も大学行くゆうとったやろ?」  平次のその言葉に、新一は本から視線を上げると、首を傾げた。 「んな事、俺は言ってないぜ?」  実に不思議そうに言った新一の言葉に、今度は平次が首を傾げる番だった。 「……せやったか?」  平次の記憶では、確か新一も今日、大学に行く用事があると言っていたような気がした。平次自身も大学に行かなければならないと思っていた日だったから、一緒に行けると思っていた。  記憶違いなどではないと思うのだが――。  納得いかない、というような表情を浮かべている平次などお構いなしに、新一は言った。 「おまえの方こそ、試験終わったって言うのに、何しに行くんだよ」  新一の言葉に、平次はうっと言葉を詰まらせた。  たしかに、とうの昔に大学は春休みに突入してる。ようするに本来なら、大学に行く必要のない時期である。  だが、ゼミのレポート提出期限が今日である以上、いや、まだレポートを提出していないという事実がある以上、どうしても行かなくてはいけない。 「レポートをな、出しに行かなあかんねん」  短く言った平次は「この寒いっちゅうに」とぼそりと呟いた。そんな平次に、新一は呆れたように肩をすくめた。 「それは、早めにやっておかなかった、お前が悪い」 「そんなコト言われんでも、わかっとる」  ぶちっと言った平次は、ちらりっと窓の外に視線を向けた。相変わらず強風が吹き荒れ、その風景はとても寒そうに見えた。その中に、一人で出て行くというのは何かとても侘しかった。  平次は、新一を覗き込むようにしながら口を開いた。 「なあ、工藤。お前もいかへん?」 「やだね」  考えるまでもなく、即座に切り替えした新一に、平次はがくりと肩を落としてソファーに座り込んだ。 「そんな即答せんでもええやん」 「この寒いのに、何で、用もない俺が行かなきゃいけないんだよ」 「う~」 「早く行ってこいよ。そんな事してると、行きそびれるぞ」  確かにその通りだった。行きたくない、行きたくないと言っていると、このまま行かずに終わりそうだ。  しばらく、身動きすらしなかった平次は、深い溜息をつくと、観念したようにすくりと立ち上がった。 ■ 落ちた白日 ■ A5オフ 156P  平新 イベント販売価格 ¥1,600 Novel 綾部 澪