君に願う

君に願う

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,900 JPY

Heiji-1  その日は、曇り空だった。  濃淡の違う灰色の雲が、幾重にも折り重なった、重い空。  そのうち雨でも降るんかな。  そんなことを思いながら、俺は空を見上げた。  風が、ひゅうっと吹く。  木枯らしというほど強くはないが、この天候のせいか冷えていて、俺は思わず首をすくめると眉を寄せた。  上方へ投げていた視線を、隣を歩く工藤新一へと流した。  俺でさえ、時折強く吹く風に寒いと思うのだ。それなら彼は、もっと寒いと思っているかもしれない。  見やった口元。吐きだす息が白い。肌の白さと相まって、余計に寒そうに見える。  首元から入り込む空気が冷たいのか、案の定、工藤は肩をすくめて縮こまっていた。  その姿がどこかツラそうに見えて、少しばかり心配になる。 「工藤、マフラーあった方がよかったなぁ」  何とかしてやりたい。  そう思っても俺の手元には代わりになるようなものはない。それなら、早く家に戻るのが、一番いい方法だろうか。  殊のほか工藤は寒がりだ。体温も低いのか、少し気温が下がったというだけで、震えていたりする。  それに、暑いのも苦手だ。夏の、照りつける日差しと湿気を孕んだ熱気にいつも、水やりを忘れられてしまった花のように、くたっとなっている。  前は、そんなことはなかった。  いつだったか、工藤はそんな自嘲じみたセリフを吐いていた。  俺は、その理由を知らないわけではないから。  工藤がどんなに大変な思いをして「平穏な今」を手にしたか知っているから。  だから、というのもあるかもしれないが、俺は、工藤のそんな姿を見ると、どうにかしてやりたくなるのだ。  工藤が苦笑しながら、口を開いた。 「かもしんねぇな」 「はよ帰ろうや。何や温いもんほしいわ」 「だな」  ふる、と身震いをして見せた俺に、工藤はふたたび苦笑をこぼした。 ■ 君に願う ■ A6オフ  166P  平新 イベント販売価格 ¥ 1,600 Novel  綾部 澪 ・ 紫磨 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

Heiji-1  その日は、曇り空だった。  濃淡の違う灰色の雲が、幾重にも折り重なった、重い空。  そのうち雨でも降るんかな。  そんなことを思いながら、俺は空を見上げた。  風が、ひゅうっと吹く。  木枯らしというほど強くはないが、この天候のせいか冷えていて、俺は思わず首をすくめると眉を寄せた。  上方へ投げていた視線を、隣を歩く工藤新一へと流した。  俺でさえ、時折強く吹く風に寒いと思うのだ。それなら彼は、もっと寒いと思っているかもしれない。  見やった口元。吐きだす息が白い。肌の白さと相まって、余計に寒そうに見える。  首元から入り込む空気が冷たいのか、案の定、工藤は肩をすくめて縮こまっていた。  その姿がどこかツラそうに見えて、少しばかり心配になる。 「工藤、マフラーあった方がよかったなぁ」  何とかしてやりたい。  そう思っても俺の手元には代わりになるようなものはない。それなら、早く家に戻るのが、一番いい方法だろうか。  殊のほか工藤は寒がりだ。体温も低いのか、少し気温が下がったというだけで、震えていたりする。  それに、暑いのも苦手だ。夏の、照りつける日差しと湿気を孕んだ熱気にいつも、水やりを忘れられてしまった花のように、くたっとなっている。  前は、そんなことはなかった。  いつだったか、工藤はそんな自嘲じみたセリフを吐いていた。  俺は、その理由を知らないわけではないから。  工藤がどんなに大変な思いをして「平穏な今」を手にしたか知っているから。  だから、というのもあるかもしれないが、俺は、工藤のそんな姿を見ると、どうにかしてやりたくなるのだ。  工藤が苦笑しながら、口を開いた。 「かもしんねぇな」 「はよ帰ろうや。何や温いもんほしいわ」 「だな」  ふる、と身震いをして見せた俺に、工藤はふたたび苦笑をこぼした。 ■ 君に願う ■ A6オフ  166P  平新 イベント販売価格 ¥ 1,600 Novel  綾部 澪 ・ 紫磨 Illustration  小椋さよこ さま