キミニネガウ

キミニネガウ

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    2,300 JPY

Heiji-1  車窓を流れる景色は、いつもと変わらないはずだった。  それなのに、流れ去っていく景色がいつもとは違って見えるのは、気のせいだろうか。  新幹線から見える景色が変わるはずがないのだから、気のせいに決まっている。  頭ではそう思っているのだけれど、何故だか、心は躍っていた。  いや――。  何故、ではない。  こんなふうに思うのは、俺がこの日を待ち望んでいたからだ。だから、ふとした瞬間に、口元が緩んでしまうのは、仕方のない事なのだ。  どこか言い訳でもするように、俺はそんな事を思った。      この春から大学生になる。  自信がなかったわけではないけれど、それでも、試験が無事終わったコトに、ほっとしていたのは事実だった。  試験と言えば、俺よりも工藤の方が大変だったとは思う。  そんな事は、工藤はおくびにも出さなかったけれど。  まあ、あのプライドの高い工藤が、そんな事を口にするわけもないのだが、工藤が何も言わないのならば、俺がわざわざ口にする必要もないわけで。それについて言及するつもりもなかったが。  なんにしても、念願の東京だ。  これで、東京大阪間を行き来する必要がなくなるわけだ。  かなりの頻度で、行き来をしていたというのに、まさか自分が、この東京で暮らす事になるとは予想すらしていなかった。大阪を離れるつもりなど、毛頭なかったからだ。  だが、丁度一年ぐらい前、状況が変わった。  最初に会った時には『江戸川コナン』であった工藤が、元の姿を取り戻したから。  ――いや。  別に工藤が元の姿に戻れなかったとしても、自分は上京する事を選んだだろう。  だから、工藤が『もとの姿に戻ったから』という事自体は、理由ではないのだけれど。  だが、そんな理由など、どうでもいい事だった。  春から工藤と同じ大学に通う事は、変えがたい事実なのだから。  ともすると、にやけたままになりそうな顔をどうにか引き締めた俺は、ぱんぱんっと頬を叩いた。そして、小さく息をつきながら呟く。 「いい部屋が、見つかるとええんやけどなあ」  上京するのならば、当然、住処も考えなくてはいけない。 ■ キミニネガウ ■ A6オフ  260P  平新 ¥ 2,000 Novel  綾部 澪 ・ 紫磨 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

Heiji-1  車窓を流れる景色は、いつもと変わらないはずだった。  それなのに、流れ去っていく景色がいつもとは違って見えるのは、気のせいだろうか。  新幹線から見える景色が変わるはずがないのだから、気のせいに決まっている。  頭ではそう思っているのだけれど、何故だか、心は躍っていた。  いや――。  何故、ではない。  こんなふうに思うのは、俺がこの日を待ち望んでいたからだ。だから、ふとした瞬間に、口元が緩んでしまうのは、仕方のない事なのだ。  どこか言い訳でもするように、俺はそんな事を思った。      この春から大学生になる。  自信がなかったわけではないけれど、それでも、試験が無事終わったコトに、ほっとしていたのは事実だった。  試験と言えば、俺よりも工藤の方が大変だったとは思う。  そんな事は、工藤はおくびにも出さなかったけれど。  まあ、あのプライドの高い工藤が、そんな事を口にするわけもないのだが、工藤が何も言わないのならば、俺がわざわざ口にする必要もないわけで。それについて言及するつもりもなかったが。  なんにしても、念願の東京だ。  これで、東京大阪間を行き来する必要がなくなるわけだ。  かなりの頻度で、行き来をしていたというのに、まさか自分が、この東京で暮らす事になるとは予想すらしていなかった。大阪を離れるつもりなど、毛頭なかったからだ。  だが、丁度一年ぐらい前、状況が変わった。  最初に会った時には『江戸川コナン』であった工藤が、元の姿を取り戻したから。  ――いや。  別に工藤が元の姿に戻れなかったとしても、自分は上京する事を選んだだろう。  だから、工藤が『もとの姿に戻ったから』という事自体は、理由ではないのだけれど。  だが、そんな理由など、どうでもいい事だった。  春から工藤と同じ大学に通う事は、変えがたい事実なのだから。  ともすると、にやけたままになりそうな顔をどうにか引き締めた俺は、ぱんぱんっと頬を叩いた。そして、小さく息をつきながら呟く。 「いい部屋が、見つかるとええんやけどなあ」  上京するのならば、当然、住処も考えなくてはいけない。 ■ キミニネガウ ■ A6オフ  260P  平新 ¥ 2,000 Novel  綾部 澪 ・ 紫磨 Illustration  小椋さよこ さま