果てなく続くこの道は、ドコまで行っても青空で

果てなく続くこの道は、ドコまで行っても青空で

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,400 JPY

0、 「お~い、工藤~」  そんな声とともに、ドアの開く音がした。  まだ重い瞼を、無理やりこじ開けた新一は、ちらりっと声のしたほうに視線を向けた。  そこに平次の姿を認めた新一は、くるりと背を向けると、頭をかくすように布団をかぶった。 「ええ加減にせえや。もう、朝やで? 何を、いまさら布団かぶり直しとんねん」  言いながら、部屋に入ってきた平次は、新一がかぶり直した布団をがばっと剥いだ。布団の中で暖められていた空気が霧散し、冷えた空気が肌を刺した。  ぶるりと身を震わせた新一は、恨めしげに平次を見やると、平次の手から布団を奪い返した。そして、再度、布団を被るとぶちっと言った。 「うっせえな。別にいいだろ」 「飯、冷めてしまうで?」  そんな平次の言葉に、新一は布団から目だけ覗かせると、時計に視線を向けた。まだ、七時になったばかりだった。 「って、まだ七時じゃねーか。今日、二限目からだろ? なんで、こんな時間に飯とか言ってんだよ」 「ちょっと、野暮用でな。今から、出るんや」 「今から?」  ぎょっとしたように言った新一は、反射的に身体を起こした。どんな用事なのかは分からないが、七時はかなり早い時間なのではないだろうか。 「――なんだよ、野暮用って」  まだ、目覚めきっていない頭でそう問うと、平次は「野暮用は野暮用や」と短く言った。まったく答える気のないらしい平次に、新一はくしゃりっと前髪を掻きあげると、いささか不満そうな表情を浮かべた。  別に、その用事とやらが、どうしても、聞きたかったわけではなかった。けれど、なんとなく「お前には関係ない」と言われたようなきがして、面白くなかったのだ。  眉間にしわを寄せた新一を見やり、平次はからからと笑いながら言った。 「なんや、えらい不満そうやなあ」 「不満そう、じゃなくて、不満なんだよ。質問には、ちゃんと答えろよ」 「まあ、ええやないか。そんな細かい事は」 「都合が悪くなると、すぐ、それだな」  ぶちっと言った新一に、平次はまったく意に介さないというように口を開いた。 ■ 果てなく続くこの道は、ドコまで行っても青空で ■ A5フルカラー  100P  平新 イベント販売価格 ¥ 1,100 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

0、 「お~い、工藤~」  そんな声とともに、ドアの開く音がした。  まだ重い瞼を、無理やりこじ開けた新一は、ちらりっと声のしたほうに視線を向けた。  そこに平次の姿を認めた新一は、くるりと背を向けると、頭をかくすように布団をかぶった。 「ええ加減にせえや。もう、朝やで? 何を、いまさら布団かぶり直しとんねん」  言いながら、部屋に入ってきた平次は、新一がかぶり直した布団をがばっと剥いだ。布団の中で暖められていた空気が霧散し、冷えた空気が肌を刺した。  ぶるりと身を震わせた新一は、恨めしげに平次を見やると、平次の手から布団を奪い返した。そして、再度、布団を被るとぶちっと言った。 「うっせえな。別にいいだろ」 「飯、冷めてしまうで?」  そんな平次の言葉に、新一は布団から目だけ覗かせると、時計に視線を向けた。まだ、七時になったばかりだった。 「って、まだ七時じゃねーか。今日、二限目からだろ? なんで、こんな時間に飯とか言ってんだよ」 「ちょっと、野暮用でな。今から、出るんや」 「今から?」  ぎょっとしたように言った新一は、反射的に身体を起こした。どんな用事なのかは分からないが、七時はかなり早い時間なのではないだろうか。 「――なんだよ、野暮用って」  まだ、目覚めきっていない頭でそう問うと、平次は「野暮用は野暮用や」と短く言った。まったく答える気のないらしい平次に、新一はくしゃりっと前髪を掻きあげると、いささか不満そうな表情を浮かべた。  別に、その用事とやらが、どうしても、聞きたかったわけではなかった。けれど、なんとなく「お前には関係ない」と言われたようなきがして、面白くなかったのだ。  眉間にしわを寄せた新一を見やり、平次はからからと笑いながら言った。 「なんや、えらい不満そうやなあ」 「不満そう、じゃなくて、不満なんだよ。質問には、ちゃんと答えろよ」 「まあ、ええやないか。そんな細かい事は」 「都合が悪くなると、すぐ、それだな」  ぶちっと言った新一に、平次はまったく意に介さないというように口を開いた。 ■ 果てなく続くこの道は、ドコまで行っても青空で ■ A5フルカラー  100P  平新 イベント販売価格 ¥ 1,100 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま