風の欠片

風の欠片

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,500 JPY

0、  今年の梅雨は、ずいぶん長引いた。  そろそろ、八月の声を聞こうという時期になって、ようやく長雨は形を潜め、このあたりは、つい昨日、梅雨明けの発表がされた。かなり遅めの梅雨明けだったといえる。  そして、梅雨が終わったかと思ったら、いきなりの猛暑だ。  確かに雨は止んだが、まだ、それなりに湿度は高い。せめて風でもあれば、滞っている空気を吹き飛ばしてくれそうだが、生憎、そう都合よくはいかないようだった。 「何で、こんなに暑いんや……」  何もしていなくても、ただ、暑い。  纏わりつく熱気に、げんなりしながら、平次はぽつりと呟いた。そして、ついっと窓の方に目をやった。  相変らず、風はない。  窓の外に見える、ギラギラと照付ける太陽が、なんとも暑くらしい。 「クーラー、入れるか?」  額にじんわりと浮かんだ汗を手の甲で拭った平次は、手にした団扇で風を送りながら言った。  心頭を滅却すれば火もまた凉し、をモットーとしている祖父にこんな泣き言を聞かれれば、きっと「修行が足りん」と一喝されるにちがいない。 「けどなあ。暑いもんは、暑いんや」  言った平次は、深い溜息をつくと畳の上に、ごろんと寝転んだ。  確かに、今からクーラーを使ってしまったら、夏本番を迎えたその時に、後悔しそうな気がする。寝苦しい夜にこそ冷房は必要だと思うと、今はまだ使うべきではないのだろう。  大の字になって、ただじっとしていると、ひとしきり汗が噴出した後は、少し涼しくなったような気がした。 「気化熱――か。便利に出来とるなあ」  ぽつりと呟いた平次は、横になったまま、ちらりっとカレンダーに視線を向けた。  あと二日で、八月になる。  う~んと唸り声を上げた平次は、空を彷徨った視線を床に向ける。昨日充電しておいた携帯が、少し手を伸ばせば届く所にあった。  寝転んだまま携帯を手にした平次は、それを開くと小さく息をついた。  メールが届いた形跡はなかった。 「やっぱり、来とらん――か」  ぽつりと呟いた平次は、携帯をぽんっと投げ捨てた。 ■ 風の欠片 ~Intermezzo~ ■ A5/オフ/表紙フルカラー  116P  平×新+快→平 イベント販売価格 ¥ 1,200 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

0、  今年の梅雨は、ずいぶん長引いた。  そろそろ、八月の声を聞こうという時期になって、ようやく長雨は形を潜め、このあたりは、つい昨日、梅雨明けの発表がされた。かなり遅めの梅雨明けだったといえる。  そして、梅雨が終わったかと思ったら、いきなりの猛暑だ。  確かに雨は止んだが、まだ、それなりに湿度は高い。せめて風でもあれば、滞っている空気を吹き飛ばしてくれそうだが、生憎、そう都合よくはいかないようだった。 「何で、こんなに暑いんや……」  何もしていなくても、ただ、暑い。  纏わりつく熱気に、げんなりしながら、平次はぽつりと呟いた。そして、ついっと窓の方に目をやった。  相変らず、風はない。  窓の外に見える、ギラギラと照付ける太陽が、なんとも暑くらしい。 「クーラー、入れるか?」  額にじんわりと浮かんだ汗を手の甲で拭った平次は、手にした団扇で風を送りながら言った。  心頭を滅却すれば火もまた凉し、をモットーとしている祖父にこんな泣き言を聞かれれば、きっと「修行が足りん」と一喝されるにちがいない。 「けどなあ。暑いもんは、暑いんや」  言った平次は、深い溜息をつくと畳の上に、ごろんと寝転んだ。  確かに、今からクーラーを使ってしまったら、夏本番を迎えたその時に、後悔しそうな気がする。寝苦しい夜にこそ冷房は必要だと思うと、今はまだ使うべきではないのだろう。  大の字になって、ただじっとしていると、ひとしきり汗が噴出した後は、少し涼しくなったような気がした。 「気化熱――か。便利に出来とるなあ」  ぽつりと呟いた平次は、横になったまま、ちらりっとカレンダーに視線を向けた。  あと二日で、八月になる。  う~んと唸り声を上げた平次は、空を彷徨った視線を床に向ける。昨日充電しておいた携帯が、少し手を伸ばせば届く所にあった。  寝転んだまま携帯を手にした平次は、それを開くと小さく息をついた。  メールが届いた形跡はなかった。 「やっぱり、来とらん――か」  ぽつりと呟いた平次は、携帯をぽんっと投げ捨てた。 ■ 風の欠片 ~Intermezzo~ ■ A5/オフ/表紙フルカラー  116P  平×新+快→平 イベント販売価格 ¥ 1,200 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま