月の鏡

月の鏡

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,300 JPY

0、 「ふうん」  ソファーに寝転んで、ぼんやりとテレビ番組を眺めていた快斗が、おもむろに声を上げた。そんな快斗に、寺井は首を傾げながらその口を開いた。 「どうかなさいましたか?」 「いや。やっと出てきたなーと思って」  言った快斗に、寺井はすいっとテレビに視線を向けた。そして「ああ」と短く呟くと続けた。 「エウリュノメの涙――ですか」 「ああ。ずいぶん前に、所在が分からなくなってただろ? まさか、こんな形で表に出てくるとは思ってなかったからさ」 「一般公開はいつから?」 「明日からだってさ」 「では」  そんな寺井の言葉に、快斗は「う~ん」と唸り声を上げた。  そして、ゆっくりと身体を起こすと、テレビのスイッチを切った。  今まで流れていたのは、明日から野木森美術館で始まる特別展の紹介番組だった。二十年近く行方が分からなくなっていた『エウリュノメの涙』という、三百カラットのダイヤが見つかったと、報道されたのが一ヶ月ほど前だった。  そのダイヤが、件の美術館で展示される事になって、話題になっているのだ。 「しっかしなあ。持ち主も、よく、これを公開する気になったよな」  手にしていたリモコンを、テーブルに置きながら言った快斗に、寺井は「そうですね」と言いながら、小さく肩を竦めた。  この『エウリュノメの涙』は、曰く付きの代物だった。  今回も、二十年近く所在がわからなくなっていたのだが、詳しく調べていくと、それ以前にもそういうことが何度もあったようなのだ。  そして、宝石の所在がわからなくなるのは、決まって宝石を沢山の人間の目に触れさせた時なのだという。  快斗自身も、『エウリュノメの涙』の所在をまったく調べなかったわけではない。だが、手掛かりを見つけることは出来なかったのだ。 ■ 月の鏡 ~Vorspiel~ ■ A5/オフ/表紙フルカラー  92P  平×新+快→平 イベント販売価格 ¥ 1,000 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

0、 「ふうん」  ソファーに寝転んで、ぼんやりとテレビ番組を眺めていた快斗が、おもむろに声を上げた。そんな快斗に、寺井は首を傾げながらその口を開いた。 「どうかなさいましたか?」 「いや。やっと出てきたなーと思って」  言った快斗に、寺井はすいっとテレビに視線を向けた。そして「ああ」と短く呟くと続けた。 「エウリュノメの涙――ですか」 「ああ。ずいぶん前に、所在が分からなくなってただろ? まさか、こんな形で表に出てくるとは思ってなかったからさ」 「一般公開はいつから?」 「明日からだってさ」 「では」  そんな寺井の言葉に、快斗は「う~ん」と唸り声を上げた。  そして、ゆっくりと身体を起こすと、テレビのスイッチを切った。  今まで流れていたのは、明日から野木森美術館で始まる特別展の紹介番組だった。二十年近く行方が分からなくなっていた『エウリュノメの涙』という、三百カラットのダイヤが見つかったと、報道されたのが一ヶ月ほど前だった。  そのダイヤが、件の美術館で展示される事になって、話題になっているのだ。 「しっかしなあ。持ち主も、よく、これを公開する気になったよな」  手にしていたリモコンを、テーブルに置きながら言った快斗に、寺井は「そうですね」と言いながら、小さく肩を竦めた。  この『エウリュノメの涙』は、曰く付きの代物だった。  今回も、二十年近く所在がわからなくなっていたのだが、詳しく調べていくと、それ以前にもそういうことが何度もあったようなのだ。  そして、宝石の所在がわからなくなるのは、決まって宝石を沢山の人間の目に触れさせた時なのだという。  快斗自身も、『エウリュノメの涙』の所在をまったく調べなかったわけではない。だが、手掛かりを見つけることは出来なかったのだ。 ■ 月の鏡 ~Vorspiel~ ■ A5/オフ/表紙フルカラー  92P  平×新+快→平 イベント販売価格 ¥ 1,000 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま