ディフレクション

ディフレクション

  • Physical (direct)
    Ships within 7 days
    1,500 JPY

0、  耳元で携帯の呼び出し音が続いていた。  既に二十コールは待ったのではないだろうか。それでも、回線が繋がる気配は、一切なかった。  一体、いつまで待たせれば気が済むのか。  苛立ちを隠せないまま、ちっと舌打ちをした平次は、左手に携帯を持ち替えた。  ちらりっと、車窓から見える景色に目をやると、ちょうど新横浜の駅を通り過ぎたところだった。  禁煙車に挟まれたデッキには、煙草を吸いに来る人が跡を絶たない。空調が動いていないわけではないだろうが、その空調自体が、もともと排煙を目的としたものではないわけで。逃げ場をなくした紫煙は、ただ、まんじりとその場に漂っていた。  耳元でなりつづける呼び出し音が、途切れる気配はない。  この呼び出し音も、目に見えてしまう煙も、鼻につく香りも。全てが、苛立ちを増長させているように思えて、平次は深い溜息をついた。 「何で、でえへんのや」  ブチッと文句を言った平次は、携帯を耳元から離した。そして、それを切ろうとした時、ようやく回線が繋がった。 『はい、工藤』 実に久し振りの、新一の声がスピーカーから聞こえた。 ずいぶん待たされたというのに、いつもとまったく変わらない新一の口調に、怒りがこみ上げてきて、平次は思わず叫んだ。 「このボケがっ! 一体、いつまで待たせるつもりやねん!」  と、ちょうど、デッキに入ってきた女性が、平次の怒鳴り声に驚いたようにこちらを見やった。慌てて愛想笑いを浮かべた平次は、小さく会釈すると、女性にくるりと背を向けて、携帯を耳もとに当てた。  だが、電話の向こうからは、何も聞こえなかった。  首を傾げた平次は、携帯をちらりと見やった。こちらの電波状態は極めて良好だし、特に雑音が聞こえてくるわけではないから、新一のほうの電波が悪いとも思えない。  いくら待たされたからと言って、さすがに、ボケはまずかっただろうか。そんな事を思いながら、平次は些か心配そうに口を開いた。 「お~い、工藤?」 『……工藤、じゃねーよ。耳元であんな大声出されたら、鼓膜破れるだろ』 ■ ディフレクション ■ A5/オフ/表紙フルカラー  116P 平新+快 イベント販売価格 ¥ 1,200 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

0、  耳元で携帯の呼び出し音が続いていた。  既に二十コールは待ったのではないだろうか。それでも、回線が繋がる気配は、一切なかった。  一体、いつまで待たせれば気が済むのか。  苛立ちを隠せないまま、ちっと舌打ちをした平次は、左手に携帯を持ち替えた。  ちらりっと、車窓から見える景色に目をやると、ちょうど新横浜の駅を通り過ぎたところだった。  禁煙車に挟まれたデッキには、煙草を吸いに来る人が跡を絶たない。空調が動いていないわけではないだろうが、その空調自体が、もともと排煙を目的としたものではないわけで。逃げ場をなくした紫煙は、ただ、まんじりとその場に漂っていた。  耳元でなりつづける呼び出し音が、途切れる気配はない。  この呼び出し音も、目に見えてしまう煙も、鼻につく香りも。全てが、苛立ちを増長させているように思えて、平次は深い溜息をついた。 「何で、でえへんのや」  ブチッと文句を言った平次は、携帯を耳元から離した。そして、それを切ろうとした時、ようやく回線が繋がった。 『はい、工藤』 実に久し振りの、新一の声がスピーカーから聞こえた。 ずいぶん待たされたというのに、いつもとまったく変わらない新一の口調に、怒りがこみ上げてきて、平次は思わず叫んだ。 「このボケがっ! 一体、いつまで待たせるつもりやねん!」  と、ちょうど、デッキに入ってきた女性が、平次の怒鳴り声に驚いたようにこちらを見やった。慌てて愛想笑いを浮かべた平次は、小さく会釈すると、女性にくるりと背を向けて、携帯を耳もとに当てた。  だが、電話の向こうからは、何も聞こえなかった。  首を傾げた平次は、携帯をちらりと見やった。こちらの電波状態は極めて良好だし、特に雑音が聞こえてくるわけではないから、新一のほうの電波が悪いとも思えない。  いくら待たされたからと言って、さすがに、ボケはまずかっただろうか。そんな事を思いながら、平次は些か心配そうに口を開いた。 「お~い、工藤?」 『……工藤、じゃねーよ。耳元であんな大声出されたら、鼓膜破れるだろ』 ■ ディフレクション ■ A5/オフ/表紙フルカラー  116P 平新+快 イベント販売価格 ¥ 1,200 Novel  綾部 澪 Illustration  小椋さよこ さま